タグ別アーカイブ: 佐貫藩

妙勝寺-水戸天狗党の乱と天狗党四士の墓

花香谷明谷山妙勝寺 妙勝寺の水戸浪士天狗党四士の墓所

妙勝寺水戸天狗党四士の墓
佐貫藩に預けられ処刑された天狗党の4人の墓。平成16年10月改修。
古い墓石の表には「南無妙法蓮華経」が刻まれている。文字は殆ど見えなくなっているが『富津市史』に右から「黒沢氏」「荒井氏 元治二丑年四月三日」(なし)「木村氏」とある。

 

■天狗党の乱

常陸国水戸藩(茨城県水戸市)の後継者争いで藩主の座に着いた徳川斉昭(なりあき)を擁立した派閥は頭勝で鼻高々な様子から天狗党と呼ばれた。
嘉永6年(1853)の黒船来航により海防をに関わる斉昭は国防の必要性を主張し、水戸藩は尊王攘夷派が台頭していく。
天狗党の中でも攘夷に意欲的な改革派は激派と呼ばれ(激派に反する派閥は鎮派)日米修好通商条約に調印した井伊直弼を襲う桜田門外の変にも加わった。その約半年後に斉昭が急死した後も攘夷運動は続けられた。

元治元年(1864)3月27日、横浜港の閉鎖を求めて天狗党激派の藤田小四郎(こしろう。藤田東湖の4男)は、町奉行田丸稲之衛門直允(いなのえもんなおあき)を大将に据え、自らは総裁として監察府として筑波山に旗揚げした。※以降「筑波勢」と記述
これに攘夷派の藩士や浪士達が呼応し、4月に正義党(水戸・江戸・京在勤の武田耕運斎ら水戸藩執行部が指導)と合わさり田丸を首領のまま遊軍監察府総轄と称して小栗村に集結した。
徳川家康を祀る日光東照宮を占拠するため、田丸は水戸藩前藩主烈公(斉昭)の位牌を背負い、天狗党一団は下野国(栃木県)日光山へ向かう。
日光奉行から知らせを受けた幕府は下野近隣の藩と水戸藩へ天狗党の警戒を命じる。筑波勢は戦闘を避けて太平山(栃木市)へ移動。

その頃朝廷では孝明天皇と禁裏御守衛総督の一橋慶喜(よしのぶ。後の15代将軍徳川慶喜。水戸藩前藩主徳川斉昭の7男)らが幕府に横浜鎖港を求め、20日に将軍徳川家茂は、水戸藩主徳川慶篤(よしあつ)と、幕府政事総裁職の川越藩主松平直克(なおかつ。慶喜と親しい)に鎖港を推し進めるよう命じた。

一方水戸では、天狗党鎮派の一部が保守派と組んで諸生組(水戸藩の学問所弘道館の書生が中心だったため書生・諸生党と呼ばれた)を結成し、激派の排除に乗り出した。
6月6月に筑波勢は水戸の情勢を案じて筑波山へ引揚げ大御堂(おおみどう)を本営とする。

天狗党激派を中心とする攘夷集団は膨れ上がり、別隊浪士の略奪等横行狼藉が目立った。
10日に幕府は関東の近隣諸藩に討伐を命じ、11日には高崎・笠間藩へ追討命令が出される。
水戸藩は藩主慶篤の居る江戸藩邸へ諸生組が詰めかけ、慶篤は改革派支援から一転して幕府の意向に従うことに応じた。
慶篤は佐幕派の幕僚を退けようとする松平直克を非難し、結果として直克は政事総裁職を罷免。横浜鎖港が頓挫して大義名分を失った筑波勢の排除に幕府が動くこととなる。

7月8日に幕府若年寄の田沼意尊(おきたか。玄蕃頭/げんばのかみ)が浪人追討総督に任命され、幕府は諸藩に筑波勢の追討を命じた。
水戸藩内では諸生組と筑波勢以外の天狗党が争っていたが、筑波勢の挙兵に直接参加していなかった耕運斎も諸生組に対抗するため筑波勢と合流する。
8月10日に筑波勢と水戸城の兵が交戦開始、14日に筑波山から天狗党が一斉に押寄せ連日激戦となる。

9月2日に幕府軍が水戸書生組と連携して攻撃を開始。水戸・棚倉・高崎・二本松・佐倉・宇都宮・新発田・館林・川越・安中・岡部藩と他幕府歩兵隊の大軍が筑波勢の各拠点を包囲した。

10月には筑波勢は追い詰められ、大子村に集い耕雲斎を主将とし田丸と藤田は副将として一軍七隊に再編成し、軍規を整え粗暴な行いを禁じた。
11月1日に天狗党一軍七隊は、一橋公を頼り(かつて烈公が望んでいたように一橋公を盟主にする目的もあったとされる)京へ向けて中山道を行軍する。

中山道付近の小藩では天狗党に対抗できず見過ごされたが、上州高崎藩(群馬県高崎市)は攻撃体勢に入った。
天狗党は16日に下仁田で高崎藩兵を破り、信州(長野県)で小諸・上田藩兵と対峙し高島(諏訪藩)・松本藩兵と交戦。20日に和田峠で諏訪勢を破り、東山道を進む。
27日美濃大垣藩(岐阜県大垣市)を避けて迂回するために木曽街道から北へ進路を変えて12月11日に越前国の敦賀(つるが。福井県敦賀市)に到着した。

対する幕府軍は加賀・小田原・桑名・大垣・会津・水戸・海津(一橋慶喜本営)・大野・鯖江・福井・彦根藩兵が各要所に布陣した。
頼りの一橋公が幕府軍側に付き、命運尽きた天狗党は15日に遂に加賀藩へ投降する。
元治2年(慶応元年/1865)2月4日に来迎寺境内で耕運斎・田丸らを斬首し300余人を処刑。日を改め幹部を中心に次々に処刑し、23日には藤田らを斬首。水戸では諸生党らが、賊徒となった天狗党の家族を処刑した。

耕運斎らより先に降伏した天狗党のうち、士分116名の身柄を諸藩に……例えば請西藩に13人、飯野藩に25人といった具合に分けて預けることとなった。

 

■佐貫藩が処刑した天狗党四士

佐貫藩では銚子藩から23人の引渡しが決まり、12月2日に相場助右衛門ら100余名が武装して銚子へ向かっている。
4日に銚子に着き身柄を引取るが、天狗党の9名は大怪我をしていた。
12日に佐貫城外の長屋に拘留。天狗党藩士は佐貫藩主にも敬意を示し、長屋で学問をや弁論をしたため、佐貫藩士も刺激を受けて藩校誠道館の名を選秀館と改め学問に打ち込んだという。禁固中に新井(荒井)源八郎と村田理介は騒動の記録「国難顛末」を書き残した。

4月3日、幕府から新井と村田に切腹を申し付けられる。
木村三保之介(三穂介)と黒沢覚介(学介)にも斬首の処罰が下る。

▼切腹
新井源八郎直敬…龍雲院義直日周居士。42歳。郡奉行。
村田理介政興…随順院量意日相居士。58歳。郡奉行。

▼斬首
黒沢覚介成憲…直成院学純信士。47歳。小住人組。
木村三保之介善道…得法院淨円信士。55歳。高田村の名主の長男。弟の善雄は館山藩で斬首された。

処刑された4士の遺体は妙勝寺に託され、住職のはからいで水戸に縁が深い梅の木の下に葬ったと伝わっている。
残りの19人は5月26日に江戸の監獄へ護送された。

大正4年11月に木村を除く3名に贈従五位。

 

日蓮宗明谷山妙勝寺
寛正6年(1465)5月、僧日通の開山。
所在地:千葉県富津市花香谷137

安楽寺-勤王の佐貫藩士相場助右衛門の墓

安楽寺 相場助右衛門の墓

安楽寺相場助右衛門の墓
開闡院一乗日松居士 相場助右衛門 五十八歳 慶應四年四月二十八日 寂
演寳院妙義日相大姉 妻 寿美子 明治三年 自害 四十八歳(慰霊碑より)

 

相場助右衛門(あいばすけうえもん)
佐貫藩の納戸役(80石)相場三右衛門茂隣の跡を継ぐ。
文武両道で文学は漢学者の大槻磐渓(おおつきばんけい)に学び、武道は斉藤弥九郎の門下で神道無念流の免許皆伝であった。
佐貫藩主阿部駿河守正身(まさみ、まさちか)、因幡守正恒(まさつね。後に駿河守)の二代に仕え、佐貫藩の江戸詰家老に昇進したとされている。

文久元年(1861)に藩主正恒は大坂加番を任じられ、側用人の資格で随行し伏見に居て上方の様子をよく知る助右衛門の尊王意見を在坂中に採った。

慶応4年(1868)前藩主菊山公(正身)の第四子で15歳の小十郎を養子に貰い受けた。100石持参で260石となる。
戊辰の動乱の色濃くなり、3月に佐貫藩は江戸屋敷(上屋敷が外桜田・中屋敷が愛宕下・下屋敷は霊南坂)を引き払って佐貫へ集まった。助右衛門は恭順を唱えたが、佐貫藩は徳川譜代であり江戸と上総で暮らしていた家臣達は佐幕を唱える者が多かった。

4月に木更津に駐屯する徳川脱走兵の撒兵隊が佐貫藩へ応援を要求し、助右衛門は協力に反対したが、28日に佐貫藩は撒兵隊の支援を決定した。

この日、栗飯原八百之進ら佐幕派同志31名は助右衛門の排除を実行する。
午後3時頃、佐幕派同志達20人程が佐貫城中の太鼓櫓のある大手門付近の石垣辺りの茂みに潜んで、助右衛門が帰宅するのを待った。
助右衛門は大手門を出て南の清水坂を下って古宿(ふるじく)の家へと向かう。

坂を下った正面の御厩(おうまや)で長岡勇(33歳の最年長とされる)ら10名程が待ち伏せ、窓から助右衛門とお供の中間を狙撃した。
不意に真正面から体を撃たれた助右衛門は屈せずに傷口を押さえながら抜刀する。

剣の腕が立つ上に拳銃を所持している助右衛門に対して、20歳の血気盛んな印東男也政方(いんどうおなりまさより。後に万次に改名)が臆せずに一太刀浴びせたのを皮切りに、山崎邦之助、相沢甲子次郎信秀ら若侍が続き、そして残りの同志達が一斉に斬り掛った。
助右衛門は体中無残に切り刻まれて悲運の最期を遂げたのである。
31人は勝隆寺に引揚げて、謹慎の意を示した御届書を藩主へ提出した。

襲撃事件の沙汰は、加害者31人は忠義からの行いとしてお咎め無しであったとされる。
一方、相場家は、阿部家からの養子小十郎は連れ戻しになってお家断絶・家族追放という重い処分を受けた。
妻の寿美子(すみこ。飯野藩物頭の西平之亟の娘)夫人は悲痛な思いで後処理をし、棺桶を買うことも憚られたので亡骸は長小持に入れられ、従妹や女中の助けを借りて夫を花香谷(はながやつ)の安楽寺に葬った。
そして14歳の養女米子(よねこ。安政2年の大地震で被災した弟相場助之亟の娘)と共に、実家(飯野藩の平之亟の家)へ帰ることとなる。

2年後の明治3年(1870)に寿美子は自害し、米子は平之亟の子の志津馬に嫁いだ。

相場助右衛門慰霊碑 相場助右衛門の案内板

▲近年建立された相場助右衛門慰霊碑と案内板。子孫冨田氏の寄贈。
墓石 佐貫藩主阿部正恒公建之 
相場助衛門子孫冨田清建立。上部に丸に桔梗の家紋。

昭和6年(1931)7月、NHKラジオにて小説家の江見水蔭(えみすいいん)作「隠れたる勤王家相場助右衛門」が放送された。

 

日蓮宗安樂寺
天正5年(1577)に僧日國が開山。
所在地:千葉県富津市花香谷167-1

三宝寺[2]-佐倉藩士小谷金十郎と三浦蔵司の墓

佐倉藩士小谷金十郎と三浦蔵司の墓 佐倉藩士の碑

▲佐倉藩士小谷金十郎と三浦蔵司の忠死墓
石碑の篆額は下総国佐倉藩(千葉県佐倉市)藩主堀田正倫(ほったまさとも)による。
旧佐倉藩士依田百川(よだひゃくせん。學海。森鷗外の師)撰文。

 

慶応4年(1868)閏4月14日上総国佐貫藩(富津市佐貫)藩主は、家臣の脱走を見過ごし請西藩藩主林忠崇らの軍に加入させ富津陣屋を脅嚇した罪を問われ、城と兵器を明け渡し謹慎することとなった。

19日には佐倉藩が佐貫藩の領地取調べを命じられ、岩滝伝兵衛が総勢150人を率いて佐倉を出発し、21日に佐貫城に入った。

翌5月18日の未明、木更津で結成された義軍を名乗る貫義隊に突如佐貫城を襲撃され、佐倉藩兵の小谷金十郎(37歳)と三浦蔵司(24歳)が討死した。
戦死した両者は佐貫の地で弔われ、忠死墓が佐貫城の西の勝龍寺(三宝寺)に建てられている。

小谷金十郎の墓 三浦蔵司の墓
「北総佐倉臣小谷金十郎忠死墓」「北総佐倉臣三浦蔵司忠死墓」

三宝寺(三宝山勝龍寺)については三宝寺[1]-勝山藩士福井小左衛門と楯石作之丞の墓

幕末の佐貫藩

佐貫城址 佐貫城跡案内板

佐貫城跡の入口
上総国天羽郡佐貫(現在の千葉県富津市)の地は康正2年(1456)に真里谷武田氏が領有し、城(亀城)を文亀・永正年間(1501~21)に築城したとされます。※文安年間に長尾氏、応永年間に武田氏の築城説有
天文年間(1532~55)に里見氏の居城となり、一時は対岸の北条氏に勢力を後退させられますが、永禄10年(1567)の三舟山合戦で里見義弘方が勝利して子梅王丸が入城します。

天正18年(1590)徳川の支配地となってからは徳川家臣の内藤家長が城主となります。
政長忠興と続いて内藤家は元和8年(1622)に陸奥国磐城平藩(いわきたいら。福島県)へ転封となります。

10月に松平忠重(桜井松平氏)が入りますが寛永10年(1633)に駿河田中城へ転封となり、翌年から佐貫領は幕府天領として幕府代官熊沢佐衛門佐が支配します。

寛永16年(1639)より能見(のみ)松平氏の松平勝隆(寺社奉行兼奏者番)が城主となり、次の重治が貞享元年(1684)に会津若松に幽閉され改易となり、会津藩預かりとなります。領地は代官池田新兵衛、次に平岡三郎佐衛門が支配しました。

元禄3年(1690)に柳沢吉保(よしやす。第5代将軍徳川綱吉に重用され宝永3年に大老格にまで昇進)が佐貫領を与えられ、元禄7年(1694)正月7日に武蔵国川越に移った後は廃城となり、領地は代官川孫右衛門、樋口又兵衛が支配しました。

その後、阿部家初代佐貫藩主となる阿部正鎮(まさたね、因幡守のち民部少輔)が宝永7年(1710)5月に三河国刈谷(かりや。1万6千石)より上総国佐貫へ移封となり、天羽・長柄郡内に1万6千石を領して8月に移り、正徳4年(1714)佐貫城を再興します。
少年藩主であった正鎮は移動の行列には加わらず享保4年(1719)4月4日に佐貫城に入りました。
享保9年(1724)2月に大坂加番となり宝暦元年(1751)11月4日に52歳で逝去。浅草東光院に葬られました。法名は了義院殿即峯玄性大居士。

 

幕末の最後の藩主は、阿部家第8代佐貫藩主の正恒(まさつね、幼名倫三郎)です。
天保10年(1839)9月29日に江戸で阿部家第7代佐貫藩主正身(まさみ、駿河守)の子として出生しました。
※余談ですが佐貫の宮醤油店は天保5年創業です。
正身は天保13年(1842)に池之台大坪山に砲台を築いて海防にも努めました。弘化4年(1847)5月22日に大砲の試放も行っています。

安政元年(1854)7月3日に妾腹の正恒を嫡子とする届出をし、25日に父正身が病気を理由に隠居(元治元年7月3日に「菊山」と号します)、正恒は27日に家督を相続、12月16日に諸大夫・因幡守となりました。
安政2年(1853)5月佐貫へ始めて入部します。
安政6年(1859)8月16日に竹橋御門番、12月1日に江戸城本丸普請に金八百両上納。
文久元年(1861)2月5日に大岡越前守代として大坂加番を仰せつけられ、翌年帰り屋敷替。
文久3年(1863)9月2日に日光御祭礼奉行代を務めました。11月3日には新徴組の1人を佐貫藩が預かっています。
元治元年(1864)7月3日に駿河守に改めました。12月2日に佐貫藩で天狗党の水戸浪士の一部を預かり、負傷者の治療にもあたっています。獄中の水戸浪士の博学な講釈では佐貫藩の藩校「誠道館」にも影響を与えたといいます。

 

慶応4年(1868)の戊辰戦争時には徳川譜代の阿部家家臣は佐幕に傾いていましたが、文久の頃に京・大坂へ赴き情勢を知っていた勤王派の歌人相場助右衛門の説得で藩主は尊王を採りました。
佐幕派の家臣たちは相場の行動を専権犯上の行為と見て相場の排除を企てます。
4月28日午後3時頃、大手下馬先の林藪中に潜んで、清水坂を下って帰宅中の相場を狙撃。胸に被弾した相場は屈せずに傷口を押さえながら抜刀して応戦しますが、手負いの上に多勢が相手、遂に斃れました。
相場の墓は花香谷の安楽寺にあり、近年顕彰碑が建てられました。
加害者の佐幕派藩士31人はその後、忠義からの行いとしてお咎めはありませんでしたが、相場は阿部家からの養子を戻されてお家断絶・一家追放という重い処分を受けました。つらい仕打ちに相場の妻の寿美子は二年後の明治3年に48歳で自害したようです。

続いて佐幕派の家臣達は、木更津に駐屯していた旧幕府脱走の撒兵隊(さっぺい、さんぺいたい。房州では自ら義軍府と名乗りました)に数十人の援兵を出しました。

閏4月3日に請西藩藩主林忠崇の請西兵と旧幕府親衛隊の遊撃隊が真武根陣屋を出陣し、富津陣屋に協力を強談した際にも、撒兵隊(第四・第五大隊が真里谷駐屯)と佐貫藩兵41人が参加し、共に包囲しています。
佐貫藩でも、その後南下した請西・遊撃隊が訪れた折に金三百両と兵器若干を提供しました。

その頃撒兵隊第一・第二大隊は3・4日に下総国の市川・船橋等で東海道先鋒総督府の軍(新政府側の軍)に敗退し、総督府軍は5月に東の佐倉そして7日には沿岸の上総国に進み五井・姉ヶ崎の撒兵隊第三大隊を破って南下します。
撒兵隊も敗走して士気が落ちた木更津・真里谷駐屯中の佐貫藩兵は8日には撤退しますが、既に林請西兵と遊撃隊軍は6日に佐貫を去った後でした。
もぬけの殻となった木更津を出発した総督府軍が迫ると、佐貫藩は佐貫城を放棄して恭順の意を示します。
14日に入城した総督府軍参謀渡辺清左衛門(大村藩士)は、佐貫藩による富津陣屋襲撃と、先に新政府が佐貫藩に官軍を援け賊徒の警戒を命じていたにも関わらず主従が城を放棄し空にしたことを咎めます。
午後に藩主正恒は城郭と武器弾薬を明け渡し自らは花ヶ谷村(花香谷)の勝隆寺に籠居となりました。
翌日総督府軍は引き揚げ、城郭と領土は佐倉藩の管理下に置かれました。

5月18日に貫義隊が佐貫城を夜襲し、佐倉藩士の小谷金十郎・三浦蔵司が戦死しました。三宝寺に二人の墓があります。
25日に正恒は佐倉藩と協力して賊徒を追討することを贖罪として総督府へ願い出ますが、聞き入れられませんでした。
7月11日に花ヶ谷村の円龍寺で謹慎中の父が50歳で死去。同村の勝隆寺に葬られました。法名は大成院殿光誉正身菊山大居士。

10月7日に藩主正恒の謹慎が許され、明治2年(1869)6月17日に版籍奉還、22日に正恒は佐貫藩知事に任じられます。
明治4年(1871年)5月に佐貫城は廃城となりました。6月22日に東京の外桜田邸の引渡しを命じられ8月8日に引渡。7月15日に正恒は廃藩置県で藩知事を免職され、華族令によって子爵に叙せられました。
明治32年(1899)に従三位に叙されますが、10月6日に死去。享年61歳。勝隆寺に葬られました。

勝隆寺佐貫藩主阿部家の墓所 佐貫城主阿部家累代の墓側面

勝隆寺佐貫城主阿部家累代の墓(八代阿部正身・九代正恒・十代正敬家族)
※奥の正身・正恒の墓は別途紹介します

佐貫城址の様子

佐貫城跡の名標には阿部家の家紋、丸の内右重鷹羽(丸に違い鷹羽)
戦国(里見・北条)時代~の佐貫城は後々別途記事にします。
幕末についても、もう少し佐貫藩側に立った視点で調べてみたいところです。

所在地:千葉県富津市佐貫字城跡1217-1他