タグ別アーカイブ: 天狗党

妙勝寺-水戸天狗党の乱と天狗党四士の墓

花香谷明谷山妙勝寺 妙勝寺の水戸浪士天狗党四士の墓所

妙勝寺水戸天狗党四士の墓
佐貫藩に預けられ処刑された天狗党の4人の墓。平成16年10月改修。
古い墓石の表には「南無妙法蓮華経」が刻まれている。文字は殆ど見えなくなっているが『富津市史』に右から「黒沢氏」「荒井氏 元治二丑年四月三日」(なし)「木村氏」とある。

 

■天狗党の乱

常陸国水戸藩(茨城県水戸市)の後継者争いで藩主の座に着いた徳川斉昭(なりあき)を擁立した派閥は頭勝で鼻高々な様子から天狗党と呼ばれた。
嘉永6年(1853)の黒船来航により海防をに関わる斉昭は国防の必要性を主張し、水戸藩は尊王攘夷派が台頭していく。
天狗党の中でも攘夷に意欲的な改革派は激派と呼ばれ(激派に反する派閥は鎮派)日米修好通商条約に調印した井伊直弼を襲う桜田門外の変にも加わった。その約半年後に斉昭が急死した後も攘夷運動は続けられた。

元治元年(1864)3月27日、横浜港の閉鎖を求めて天狗党激派の藤田小四郎(こしろう。藤田東湖の4男)は、町奉行田丸稲之衛門直允(いなのえもんなおあき)を大将に据え、自らは総裁として監察府として筑波山に旗揚げした。※以降「筑波勢」と記述
これに攘夷派の藩士や浪士達が呼応し、4月に正義党(水戸・江戸・京在勤の武田耕運斎ら水戸藩執行部が指導)と合わさり田丸を首領のまま遊軍監察府総轄と称して小栗村に集結した。
徳川家康を祀る日光東照宮を占拠するため、田丸は水戸藩前藩主烈公(斉昭)の位牌を背負い、天狗党一団は下野国(栃木県)日光山へ向かう。
日光奉行から知らせを受けた幕府は下野近隣の藩と水戸藩へ天狗党の警戒を命じる。筑波勢は戦闘を避けて太平山(栃木市)へ移動。

その頃朝廷では孝明天皇と禁裏御守衛総督の一橋慶喜(よしのぶ。後の15代将軍徳川慶喜。水戸藩前藩主徳川斉昭の7男)らが幕府に横浜鎖港を求め、20日に将軍徳川家茂は、水戸藩主徳川慶篤(よしあつ)と、幕府政事総裁職の川越藩主松平直克(なおかつ。慶喜と親しい)に鎖港を推し進めるよう命じた。

一方水戸では、天狗党鎮派の一部が保守派と組んで諸生組(水戸藩の学問所弘道館の書生が中心だったため書生・諸生党と呼ばれた)を結成し、激派の排除に乗り出した。
6月6月に筑波勢は水戸の情勢を案じて筑波山へ引揚げ大御堂(おおみどう)を本営とする。

天狗党激派を中心とする攘夷集団は膨れ上がり、別隊浪士の略奪等横行狼藉が目立った。
10日に幕府は関東の近隣諸藩に討伐を命じ、11日には高崎・笠間藩へ追討命令が出される。
水戸藩は藩主慶篤の居る江戸藩邸へ諸生組が詰めかけ、慶篤は改革派支援から一転して幕府の意向に従うことに応じた。
慶篤は佐幕派の幕僚を退けようとする松平直克を非難し、結果として直克は政事総裁職を罷免。横浜鎖港が頓挫して大義名分を失った筑波勢の排除に幕府が動くこととなる。

7月8日に幕府若年寄の田沼意尊(おきたか。玄蕃頭/げんばのかみ)が浪人追討総督に任命され、幕府は諸藩に筑波勢の追討を命じた。
水戸藩内では諸生組と筑波勢以外の天狗党が争っていたが、筑波勢の挙兵に直接参加していなかった耕運斎も諸生組に対抗するため筑波勢と合流する。
8月10日に筑波勢と水戸城の兵が交戦開始、14日に筑波山から天狗党が一斉に押寄せ連日激戦となる。

9月2日に幕府軍が水戸書生組と連携して攻撃を開始。水戸・棚倉・高崎・二本松・佐倉・宇都宮・新発田・館林・川越・安中・岡部藩と他幕府歩兵隊の大軍が筑波勢の各拠点を包囲した。

10月には筑波勢は追い詰められ、大子村に集い耕雲斎を主将とし田丸と藤田は副将として一軍七隊に再編成し、軍規を整え粗暴な行いを禁じた。
11月1日に天狗党一軍七隊は、一橋公を頼り(かつて烈公が望んでいたように一橋公を盟主にする目的もあったとされる)京へ向けて中山道を行軍する。

中山道付近の小藩では天狗党に対抗できず見過ごされたが、上州高崎藩(群馬県高崎市)は攻撃体勢に入った。
天狗党は16日に下仁田で高崎藩兵を破り、信州(長野県)で小諸・上田藩兵と対峙し高島(諏訪藩)・松本藩兵と交戦。20日に和田峠で諏訪勢を破り、東山道を進む。
27日美濃大垣藩(岐阜県大垣市)を避けて迂回するために木曽街道から北へ進路を変えて12月11日に越前国の敦賀(つるが。福井県敦賀市)に到着した。

対する幕府軍は加賀・小田原・桑名・大垣・会津・水戸・海津(一橋慶喜本営)・大野・鯖江・福井・彦根藩兵が各要所に布陣した。
頼りの一橋公が幕府軍側に付き、命運尽きた天狗党は15日に遂に加賀藩へ投降する。
元治2年(慶応元年/1865)2月4日に来迎寺境内で耕運斎・田丸らを斬首し300余人を処刑。日を改め幹部を中心に次々に処刑し、23日には藤田らを斬首。水戸では諸生党らが、賊徒となった天狗党の家族を処刑した。

耕運斎らより先に降伏した天狗党のうち、士分116名の身柄を諸藩に……例えば請西藩に13人、飯野藩に25人といった具合に分けて預けることとなった。

 

■佐貫藩が処刑した天狗党四士

佐貫藩では銚子藩から23人の引渡しが決まり、12月2日に相場助右衛門ら100余名が武装して銚子へ向かっている。
4日に銚子に着き身柄を引取るが、天狗党の9名は大怪我をしていた。
12日に佐貫城外の長屋に拘留。天狗党藩士は佐貫藩主にも敬意を示し、長屋で学問をや弁論をしたため、佐貫藩士も刺激を受けて藩校誠道館の名を選秀館と改め学問に打ち込んだという。禁固中に新井(荒井)源八郎と村田理介は騒動の記録「国難顛末」を書き残した。

4月3日、幕府から新井と村田に切腹を申し付けられる。
木村三保之介(三穂介)と黒沢覚介(学介)にも斬首の処罰が下る。

▼切腹
新井源八郎直敬…龍雲院義直日周居士。42歳。郡奉行。
村田理介政興…随順院量意日相居士。58歳。郡奉行。

▼斬首
黒沢覚介成憲…直成院学純信士。47歳。小住人組。
木村三保之介善道…得法院淨円信士。55歳。高田村の名主の長男。弟の善雄は館山藩で斬首された。

処刑された4士の遺体は妙勝寺に託され、住職のはからいで水戸に縁が深い梅の木の下に葬ったと伝わっている。
残りの19人は5月26日に江戸の監獄へ護送された。

大正4年11月に木村を除く3名に贈従五位。

 

日蓮宗明谷山妙勝寺
寛正6年(1465)5月、僧日通の開山。
所在地:千葉県富津市花香谷137