上総国飯野藩保科家 無断転載・使用を禁じます

保科家と上総国飯野藩

飯野(いいのはん)は「総南の名門」と言われた上総国周准郡飯野(現千葉県富津市)の藩。一国一城令により城はなく飯野陣屋に藩庁が置かれた。
飯野周辺に約三千・関西に一万七千の二万石。 房総は頻繁に転封が行われていたにもかかわらず、慶安元年(1648)立藩~明治維新(1868)後の廃藩置県(1871年)まで藩主保科(ほしな)家10代に亘り一度も国替なく、江戸幕府の守りとして223年続く。※(周准/すす、周淮/すえ郡とも)

保科氏祖の伝承家格保科家家紋伺候席時献上*幕府献上物参勤交代 
清和源氏井上家、或いは諏訪神社の神氏流。築後守正則が信濃国中嶋高井郡保科に生まれ保科を称する。譜代 大名
家禄 20000石
陣屋(飯野陣屋)
並九曜(なみくよう) 梶の葉
 並九曜 ・ 梶の葉
帝鑑間
(ていかんのま)
4月:椎茸/漬松茸
10月:串海鼠
(くしこ。干しナマコ)
毎年12月参勤
毎年8月御暇
挟箱:二重革内全紋先挟箱
槍:1本駕の跡
立傘:あり

飯野藩保科家系譜(序) ─ 高遠(たかとお)藩・会津(あいづ)藩・飯野(いいの)藩保科(ほしな)家の始まり概要

初代藩主「保科正貞」年表 ─ 高遠での保科正之(会津松平家初代)との関わり~飯野藩立藩

最後の藩主「保科正益」年表 ─ 会津藩のと密接な関係により幕末の倒幕・佐幕に揺れる飯野藩

保科家に因む蕎麦「更科そば」 ─ 更科蕎麦の「科」は飯野藩保科の「科」ともされる

 

■上総飯野藩歴代藩主 ※少しずつ更新していきます
【1】正貞(まささだ/1855-1661/弾正忠):藩主在期 慶安元年(1648)6月26日~
【2】正景(まさかげ/1616-1700/越前守・弾正忠):寛文元年(1661)11月1日~ →関連ブログ記事
【3】正賢(まさかた/1665-1714/兵部少輔):貞享3年(1686)10月25日~※正祥
【4】正殷(まさたか/1694-1738/主膳):正徳5年(1715)2月16日~
【5】正寿(まさひさ/1704-1739/弾正忠):享保3年(1718)11月22日~※正昭(まさあき)
【6】正富(まさとみ/1732-1797/越前守):元文4年(1739)~ ※正宜(まさよし)
【7】正率(まさのり/1752-1815/越前守・弾正忠):明和7年(1770)7月5日~
【8】正徳(まさよし/1755-1844/能登守・下総守):享和2年(1802)6月3日~
【9】正丕(まさもと/1801-1848/能登守・弾正忠):文化14年(1817)3月24日~
【10】正益(まさあり/1833-1888/弾正忠・子爵):嘉永元年(1848)7月16日~明治4年7月14日(1871年8月)

 

▼ブログ内の関連記事一覧 ※上部メニューでお戻りください

飯野藩飯野藩主保科氏保科家に関わる人々・史蹟

■飯野藩の陣屋・藩邸
飯野陣屋記事 浜屋敷の記事
●江戸屋敷 ※少しずつ更新していきます
関連記事:江戸上屋敷(更科蕎麦)・江戸下屋敷(萱野権兵衛関連)・初期上屋敷(吉良上野介邸隣)

 

※家伝・郷土史料のリストは別途製作中です

←戻る